Miss World JAPAN SAITAMA

運営:一般社団法人ミス・ワールド・ジャパン・埼玉

受付時間
10:00~17:30
定休日
土曜・日・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

048-829-9262

松澤 ひかる * Hikaru Matsuzawa

* 出 身 地: 東京都

* 職業・学校: 中央大学

* 身   長: 166.5cm

* B/W/H: 71/61/88

* 趣味・特技: 長唄・三味線、琴、書道、ピアノ演奏、作曲(第10回弘前桜の園作曲コンクール全国第1位・弘前教育長賞)

* 資   格: ヤマハ演奏グレード5級

* 語 学 力: 実用技能英語検定2級、ドイツ語(簡単な日常会話)

* 慈 善 活  : 介護老人施設での定期的なボランティアコンサート、チャリティーコンサートへの参加、留学生への日本伝統芸能(三味線)の指導、街頭での選挙啓発活動、劇場運営のボランティア

* 自 己 P  : 中央大学在学。現在私は、中央大学法学部法律学科で法律学を専攻しながら、中学3年の時から「日本伝統文化・芸能」に触れる機会を増やす活動に携わっております。琴奏者の祖父、三味線奏者の母を持つ私は、日本の伝統文化をあまり意識せずに琴や三味線、書道を習ってきました。しかし、高校1年で参加したアメリカの大学での研修で、異文化理解に関する授業を受け、現地の同世代のクラスメイトから日本文化をとても珍しそうに関心を持って質問してくれる姿に驚き、日本の伝統芸能の特異性に初めて気づきました。帰国後は、三味線の弾き方などについて、フランスやブラジル・ロシア・アメリカなどからの留学生に伝えました。当時、私の周りにいる日本の友人を見渡すと、日本伝統文化や伝統楽器に実際に触れたことのない人が多かったので1 人でも多くの人に和の響きを味わってもらいたいと思い「長唄三味線同好会」を自ら立ち上げ活動しました。当時の高校生の友人と留学生とともに三味線の稽古に励み、演奏会では、今まで三味線に触れたことがなかった人が金屏風と非毛氈の舞台で『松の緑』等を演奏することができました。
このように私はまず行動し周囲に働きかけ、日本文化に触れる機会を創出する「実行力」を持っています。グローバル化が進む中でのローカルな日本伝統文化を身の回りから発信し続け、今後は世界へ、日本の伝統文化を発信していきたいです。また3 歳からピアノを続けている私は、これらの伝統楽器に対する活動からヒントを得て創作したピアノと三味線のアンサンブル曲が作曲コンクールで全国1位という評価をいただきました。この他にも、現在は地元(東京都調布市)のミス調布グランプリ・観光親善大使を務めたり、特技のピアノ演奏を生かして介護老人施設にて定期的にボランティアコンサートを開催・出演したり、自分ができることを考え社会貢献しようと活動しております。ミス・ワールドは世界で歴史があるということのみならず、女性として社会に貢献する活動に力を入れており、私も文化やその美しさと社会貢献を結びつけたいと考えていたため、今回応募させていただきました。ミス・ワールドを通して世界の文化にも広く深く視野を広げて、トレーニングを重ね、将来は、自らの文化的な体験をもとに多くの人に言葉と感動を届けるキャスターを目指しています。私たちが住んでいるここ日本と世界を繋ぐには、適語で表現し伝えるための「言葉」と、心で通じ感動で包み込める「音楽・芸術」の2つは重要な要素だと思います。母語の響きやニュアンスを大切にしながら今後も外国語の習得も継続し、埼玉大会代表そして日本代表として世界と日本を繋ぐ架け橋に私がなれるよう、精進して参ります。よろしくお願いいたします。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-829-9262

受付時間:10:00~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

※フォーム問合せは24時間受付中